back

エスパルスアプリ

Topic Category
Category Tag
Team Tag
Serialization Tag
Archive Tag

#アカデミー  #2021.12 

7連勝でリーグ最終戦へ:ユース【アカデミー便り】

ACADEMY

スクール、ジュニアからユースまで、エスパルスアカデミーに関する情報をレポートやインタビュー、動画などでお伝えしていきます。

『高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2021EAST』第18節が12月5日に行われ、6連勝中のエスパルスユースは横浜FCユースと対戦した。

今シーズン最後となるアイスタでのホームゲーム。開始15分に先制を許し、「すごく難しい試合になった」(千葉寛汰)が、そこから攻撃陣が奮起した。

34分、CKのこぼれ球を山田理矩が押し込み試合は振り出しに。51分には「キーパーが出てるのが見えて、一発打ってやろうと思った」という千葉が豪快なロングシュートでネットを揺らし、逆転に成功した。

終了間際にはキャプテン・鈴木奎吾の得点でリードを広げ、3-1で試合終了。先制されても「慌てずにゲームを運べた」(鈴木)ことで、見事に逆転勝利を手繰り寄せた。

プレミアリーグは新型コロナの影響で全チームが全試合を消化できないことから、勝点平均(総勝点÷試合数)で順位を決定することが発表された。

2位につけるエスパルスユースが逆転優勝するには来週の流通経済大学付属柏高校戦(延期分)に勝利したうえで、1位・青森山田高校の結果待ちとなる。

そして次戦は「このチームでできる最後の試合。まずはしっかり相手に勝つこと」(千葉)。勝って笑顔でシーズンを締めくくりたい。

試合風景&選手コメント動画

play

■動画内コメント掲載選手
山田理矩、鈴木奎吾、千葉寛汰